仕事に行き詰まったときに取る方法

仕事に行き詰まったときに取る方法

仕事に限らず、勉強をしたり、考えごとをしているときに調子が出ないという時はありませんか?

集中できない時には良いアイデアは全く浮かびませんし、勉強をしている時には、いくら覚えようとしても全く頭に入ってきません。

要するに効率が悪いってことです。

こんな時はいくら頑張っても時間の無駄になるだけなのです。

思考の泥沼にハマると大変なことになってしまいますからね

行き詰まったときは一言で表すならスランプです。

それを乗り越える方法を探していきますね。

森谷式翻訳術ホームページ

詰まったときに取る3つの方法

人それぞれのストレス発散方法があるのかなと思いますが、これはあくまでも代表的な例です。

個人的なので参考程度で構わないです。

場所を移動する

場所を変えると、新鮮な気持ちになったり、リラックスしたりして新しいアイデアが浮かびやすいですし、どんよりした気持ちもなくなります。

オフィスや家の中だと場所は限られますが、ずっと休憩も挟まずに仕事、勉強をされているかと思います。

そんなことをしていると30分、1時間と、時間が経つにつれてどんどん集中力がなくなります。

そんな時には、トイレに入って考えたり、コーヒーを飲んだり、ちょっと出て外の空気を吸ってみたりしてリフレッシュすることは可能です。

別のことをしてみる

アイデアが出ないということは考えが凝り固まってしまって柔軟考え方ができないということなので、考えても考えても思いつかない可能性の方が高いです。

そんな時には今考えていることと全然違うカテゴリについて検索したり、適当なニュースやブログを気晴らしにネットサーフィンしてみるといいです。

また思い切って新聞を読むのも良いですね。

世界各国、日本の時代の流れを掴むことはビジネスを継続するにあたって非常に重要なので、最新の流行、トレンドを取り入れたアイデアが生まれてくる可能性は十分にあります。

寝てしまう

これこそが一番のリフレッシュ方法です。

頭がボーっとするくらいであれば、考える場所を変えれば頭が冴えることが多いですが、眠気が襲ってきたとすると、良いアイデアを閃くことは至難の業です。

そういう状態になったら諦めて大人しく寝てしまった方が賢明です。

何時間考えていても時間を浪費にするだけです。

むしろ、よく睡眠をとって朝起きた時にパッと閃くことがあります。

リフレッシュするには?

スランプになっているときは脳の回路がおかしくなっているので、自分の力を発揮出来ない場合も多々ありますし、そういう場合は割り切ってリフレッシュするのが大事です。

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る