トランスクリエーションは日本語も大切

トランスクリエーションは日本語も大切

翻訳者のイメージとしては英語が出来れば問題ないということ印象ももちろんあるのではないでしょうか?

しかし、翻訳という仕事は我々にとっての母語となる日本語も実はそれなりのレベルを持っていないと出来ない仕事なのです。特にトランスクリエーションは必須となります。

確かに日本語ネイティブな私たちにとっては英語が関門になるのは間違いありません。

しかし翻訳する際には日本語もわかりやすくしないと通じにくいですし、英語に翻訳するとするなら日本語の意味を噛み砕く必要があります。

では一体どれくらいの日本語のレベルがあればいいのでしょうか?

森谷式翻訳術ホームページ

専門的な文章は難しい

言語レベルを仮に提出するとしたら私たちは日本語ネイティブです。

そんな私たちでも専門的な文章を読んだとしたらこれどういう意味なの?と思うときは多々あると思います。

例えば哲学書を読んだとしても理解出来ないという場合もあるでしょう。

どうしてわからないかというとその文章を理解する基本的な知識がないからです。

ですので、翻訳する文章の背景にあるものを理解していないと翻訳するのはとても難しい作業となるわけです。

新しく知識を身に着けないといけなくなりますからね。

これは色々と翻訳をしている間に経験として蓄積されていくので、英語のレベルは当たり前ながら日本語のレベルも上がっていきます。

正確に言うと知識量が上がってよりわかりやすく書けるようになるからが正しいです。

トランスクリエーションはどうしてある程度の知識が必要となるか伝えます。

具体例を交えて説明します。

一人称問題について

日本語は一人称がとても豊富です。

私、僕、俺、などなどかなりあります。

しかしこれが英語の場合は一人称が一つしかありません。

日本語から英語に翻訳する場合は「I」で統一してしまえばいいのですが、これが英語から日本語に翻訳する場合は頭を悩ませます。

仮に小さい男の子のセリフだとしたら、私という一人称にしてしまうと違和感が出てきませんか?

それもそのはず日本で生活している少年の一人称が私の訳ないですからね。

これは文化や生活を理解していないと翻訳出来ない作業です。

トランスクリエーションはこういう作業がよく発生するので、両方の文化をある程度理解していないと良い翻訳が出来ません。

知識がかなり大事となります。

常日頃から情報収集が大事

両方の文化圏を全て把握するのは無理な話なので、トランスクリエーションで大事なのは自分が得意な分野についてだけしっかりと文化や生活を理解することです。

そして日頃からどう世の中が動いているか知識のアップデートが大切になります。

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る