一生モノのスキルとは

一生モノのスキルとは

一生モノのスキルとはどういうことなのでしょうか?

これは仕事に困らない、要するに食うには困らない仕事を見つけるということです。

会社員の場合、リストラや倒産などによって失業してしまうと、次の仕事を探すことになります。

その時に「何かのスキル」を持っていないと、就職先を見つけるのが難しくなってしまいます。

しかし、手に職をつけている人材は、そのスキルを求めている職場がある限りは仕事を失うことがありません。

またそもそも、需要の大きいスキルを持っている人材は貴重なため、失業するリスクが低いというメリットもあります。

ではこういう仕事はどんなのでしょうか?

翻訳者以外で探していきます。

森谷式翻訳術ホームページ

手に職がある職業とは?

手に職をつける方法はいくつかありますが、最もわかりやすいものが資格取得です。

医師、弁護士、税理士、美容師、調理師、保育士など、現代日本では資格を持っていないと働くことができない職業が多く存在します。

そのため、これらは手に職があると言えるでしょう。

上部団体がコントロールしているので、ちゃんと全員が暮らせるかを考えていますしね。

また資格が存在しなくても職人と呼ばれる世界にいくと手に職があると言えます。

もちろんその分のキャリアは積まないといけません。

手に職をつけるデメリット

まずは単純に、資格取得などをもってスキルを身につけるためにかかる時間的コストのことを考えなくてはいけません。

資格の種類にもよりますが、一般的には稼げる資格と呼ばれる資格は大きな時間やお金がかかります。

医者などは数千万円の費用が必要ですね。

現代では少なくなっていますが、職人的な業界では、本格的に働き始めるまでに数年〜十数年の期間が必要な場合もあるので、生涯収入で考えた場合は低くなるかも知れません。

手に職をつけるのが大事じゃないこと

手に職をつけることによって失業の危険性はなくなりますけど、仕事を選びの基準を手に職がということにするのはあまりお勧め出来ません。

職に就くことはできても、やりがいが感じられなかったり、人間関係や適性に問題があったりすることから、仕事を続けられなくなることも多々あるためです。

仕事や会社を選ぶときは仕事が継続していくか以外の理由を持つことが大切になります。

まずは、好きなことや意欲が湧くことの中から仕事を選べないか探してみるのが間違いないです。

どのように働くことが自分に最も適しているのかを考え、一度自分と向き合って仕事を選んでいくのが大事です。

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る